読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私は文章しか書けない

http://bluenwhite.hatenablog.com/entry/2017/01/28/075235

黒い服を着た、おじさんたちの集会

ある田舎町の有力者が集まる場面に立ち会ったことがあって、例えば地方議員だとか観光物産協会の理事だとか、要するにみんな50歳以上のおじさんの集まりである。黒い服を着たおじさんたちは、本当に爽やかさのかけらもなくて、あのとき会議室では体重計のメモリ半分くらいは、ずしっと空気が重たくなったに違いない。

 

隣にいる上司は、おじさんたちにむかって事業の有益性について、とても熱心に説明したんだけれど(ちなみに彼も立派なおじさんである)、誰もが押し黙りを決めこんだ。まるで、真っ黒な一口大の鉄塊を無理やり口に押し込まれているような、息の詰まる沈黙である。いやはやこういう場面は日本全国、どこの会議室でも珍しくないと思うけれど、いったい黒い服を着たおじさんたちは、こういう時に何を考えているのでしょう。

 

あまりの息苦しさに耐えかねて、私の頭のなかではビル・ヘイリーのロック・アラウンド・ザ・クロックが流れ始める。おじさんたちは黒い上着を脱ぐと、ポケットからおもむろにカラフルなネクタイを取り出す。そこに20代半ばくらいのミニスカートをはいたかわいい女の子たちがやって来て、おじさんたちのコルベットサンダーバードにのりこむ。おじさんたちはすごく爽やかな感じで女の子の肩に腕をまわして、夜の町へ繰り出す。なんてことになればいいのにね。

 

社会人として仕事をしていると、見栄や権力が交錯する異様な世界に出くわすことがあるけれど、できるだけこうした場面には立ち合いたくないなと思う。黒い服を来たおじさんたちの集会は、私をひどくみじめな気持ちにさせるもののひとつです。でも本当にどうして、黒い服を着たおじさんたちはあんなに空気を重苦しくするのだろうか。誰かわかる人がいたら、こっそり教えてください。